交通事故による保険会社との賠償金や後遺障害の交渉は相談無料の弁護士法人リーセットへ!

弁護士法人リーセット(神戸・兵庫)
<交通事故被害者専門サイト>

〒650-0027
兵庫県神戸市中央区中町通2-2-18 平戸ビル3階
JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分
三宮から電車で5分

受付時間
平日9:00~20:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ夜間・定休日の対応可能です。

●取扱い業務:交通事故の示談交渉・慰謝料請求

お電話での無料相談はこちら
0120-330-108

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

交通事故の慰謝料は自分で計算できるのか?

田中弁護士

「交通事故の慰謝料ってどうやって計算するんだろう?」

交通事故の慰謝料というと、どのような損害賠償の項目を指しているのでしょうか?

ざっくりと「慰謝料」といわれても、何のことなのか分からないという人が少なくないと思います。

また、自分が受け取れる慰謝料の項目や、計算方法を知り、適正な金額を予めおさえておけば、後の保険会社との示談で提示された金額の、その内訳について、つっこんだ交渉ができるようになります。

今回は、交通事故の慰謝料について、その全項目と計算方法について解説いたします。

交通事故慰謝料には3つの基準がある

まずは、交通事故の慰謝料の計算をする前に、必須の基礎知識「算出の3つの基準」について解説いたします。

慰謝料算出の3つの基準

慰謝料は、保険会社から提示された金額で決定という訳ではありません。

概して、保険会社が示談で提示してくる金額は、世間一般の相場に比べて低額です。

何故でしょうか?

実は、保険会社は社内で決められた独自の基準によって、慰謝料を算出しているのですが、この金額は、過去の裁判で認められた損害賠償の算出基準より低額な設定になっているのです。

示談金の算出基準には、3つの基準が存在します。下記に整理します。

表:示談金の3つの算出基準

自賠責保険基準

この基準には支払い限度額があり、最低限の補償しかしないので、3つの基準のなかでも、もっとも低額に設定されている。

任意保険基準

任意保険会社が使っている独自の基準。弁護士会(裁判所)基準に比べると金額は低額に設定されている。

弁護士会(裁判所)基準

過去の裁判の積み重ねにより金額を基準化している。3つの基準の中でもっとも高額に設定されている。

上記の基準の大小の関係を表すと、

自賠責保険基準 < 任意保険基準 < 弁護士会(裁判所)基準

基準により慰謝料は大きく変動する

弁護士会(裁判)基準では、例えば死亡事故で支払われる死亡慰謝料は、2800万円程度です。

対して任意保険基準では、1400万円程度となり、自賠責保険基準では、明確に350万円と決まっています。

次に後遺障害慰謝料ですが、弁護士会(裁判)基準では後遺障害等級に応じて支払われる金額のほぼ100%を慰謝料と見ています。対して、任意保険、自賠責保険基準では3040%前後になり、かなり割安となります。

さらに入通院慰謝料についても、弁護士会(裁判)基準がもっとも高額で、例えば入院1ヶ月なら3260万円の間となり、対して任意保険なら入院1ヶ月で246000円です。

自賠責保険基準だと、通院実日数を勘案して一日当たり4200円で算出するのが、かなりの低額となります。

このように、3つの算定基準の内、どれをもとに計算するのかによって、大きく慰謝料の金額は変動します。

傷害事故の慰謝料の計算方法

次に、交通事故の慰謝料の算出方法を見ていきましょう。ちなみに下記は、被害者が請求できる全ての損害賠償項目と、慰謝料の位置づけです。

交通事故での損害賠償金は、後遺障害が残るか否かで、金額が大きく違ってきます。また慰謝料と、休業補償、逸失利益の算出がポイントなっていきます。

慰謝料にはどんな項目があるの?

交通事故によって受ける精神的なダメージには、個人差があります。

一概に、このような事故にあったから被害者はこういう状態...という風に判断するのが難しいのです。

そこで、慰謝料は一定の基準を設け、定額化されています。

個別の交通事故ごとに考えるのではなく、基準を設けることで、迅速に処理できるようにしている訳です。下記に慰謝料の項目をまとめます。

なお、交通事故で請求できる慰謝料に税金はかかりません。

表:交通事故の種類ごとの慰謝料

入通院慰謝料

入院、通院の期間に怪我の状態により一定の基準額を支払われる。

後遺症害慰謝料

後遺症害等級認定に応じてある程度、定額化されている。

死亡慰謝料

死亡した被害者、その遺族に対して支払われる。死亡した被害者の立場によって定額化されている。

入通院慰謝料の計算

入通院慰謝料は、治療期間や入通院期間により金額が定められており、「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士会(裁判所)基準」のそれぞれに支払い基準が設けられています。

自賠責保険基準での入通院慰謝料の計算

自賠責保険基準での入通院慰謝料の計算の考え方について、下記に整理しました。

表:自賠責保険基準での入通院慰謝料の計算

支払額

1日あたり4200円支払われる。

対象日数

・対象日数は、実治療日数を2倍した値と、治療期間の日数、いずれかの数値のうち、少ない方の値が採用される。

計算式

4200円×病院に通っていた期間日数

4200円×(実際に病院に通った日数×2

(例)1ヶ月に10日通院した場合

4200円×30=126000

4200円×10×2=84000円 →こちらが採用される

治療開始日

・事故後7日以内...事故日が起算日

・事故後8日以降...治療開始日の7日前が起算日

任意保険基準での入通院慰謝料の計算

任意保険基準での入通院慰謝料は、各保険会社が独自の支払基準を設定しています。

したがって、このサイトで明確な金額を提示することはできません。

なお、保険の規制緩和が実施される以前の、平成9年までは統一した基準がありましたので、参考にまで下記に掲載いたします。

表:平成9年までの任意保険基準の計算まとめ(入院2ヶ月、通院3ヶ月のケース)

軽症の場合

(打撲、捻挫、すり傷、挫傷)

80

通常の場合

(腕の骨折、脱臼など)

88万(軽症の金額の10%増)

重症の場合

(頭部の複雑骨折、脳挫傷など)

100万円(通常の金額の25%増)

弁護士会(裁判所)基準での入通院慰謝料の計算

過去の交通事故の裁判の積み重ねにより認定されてきた慰謝料の金額を参考に、算出するのが、弁護士会(裁判所)基準です。

3つの基準の中でもっとも高額になっており、自賠責基準と比べておよそ2倍の差があります

弁護士会(裁判所)基準では基準となる計算方法は2つあり、原則は下記「表①」を使いますが、ムチ打ちで他覚症状がない場合は下記「表②」を使って算出します。

表①:弁護士会基準の入通院慰謝料の計算まとめ

月数

入院

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

通院

 

53

101

145

184

217

244

266

284

297

306

1

28

77

122

162

199

228

252

274

291

303

311

2

52

98

139

177

210

236

260

281

297

308

315

3

73

115

154

188

218

244

267

287

302

312

319

4

90

130

165

196

226

251

273

292

306

316

323

5

105

141

173

204

233

257

278

296

310

320

325

6

116

149

181

211

239

262

282

300

314

322

327

7

124

157

188

217

244

266

286

304

316

324

329

8

132

164

194

222

248

270

290

306

318

326

331

9

139

170

199

226

252

274

292

308

320

328

333

10

145

175

203

230

256

276

294

310

322

330

335

表②:ムチ打ちで他覚症状がない場合の入通院慰謝料の計算まとめ

月数

入院

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

通院

 

35

66

92

116

135

152

165

176

186

195

1

19

52

83

106

128

145

160

171

182

190

199

2

36

69

97

118

138

153

166

177

186

194

201

3

53

83

109

128

146

159

172

181

190

196

202

4

67

95

119

136

152

165

176

185

192

197

203

5

79

105

127

142

158

169

180

187

193

198

204

6

89

113

133

148

162

173

182

188

194

199

205

7

97

119

139

152

166

175

183

189

195

200

206

8

103

125

143

156

168

176

184

190

196

201

207

9

109

129

147

158

169

177

185

191

197

202

208

10

113

133

149

159

170

178

186

192

198

203

209

表①に従うと、たとえば2ヶ月入院して、その後3ヶ月通院したとすると、154万になります。

しかし、実際の交渉では、日にちが1ヶ月単位できれいに収まらず、より複雑な計算になることが殆どです。

例えば、通院日数が175日なら、5ヶ月と25日ですね。

まずは通院5ヶ月分の慰謝料=105万です。

残り25日については、通院6ヶ月分の慰謝料-通院5ヶ月分の慰謝料=11

11万を日割りで計算すると、

110000÷30×2591666

合計は、1050000+91666円=1141666円となります。

後遺障害慰謝料の計算

後遺障害慰謝料の算出には、「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士会(裁判所)基準」の3つの基準があります。

こちらも、弁護士会(裁判所)基準がもっとも被害者側に有利になっています。

表:後遺障害慰謝料の計算まとめ ※()は被害者に扶養家族がいる場合

等級

自賠責基準

任意基準(目安)

弁護士会基準

要介護1

1600万円(1800万円)

 

 

要介護2

1163万円(1333万円)

 

 

1

1100万円(1300万円)

1600万円

2800万円

2

958万円(1128万円)

1300万円

2370万円

3

829万円(973万円)

1100万円

1990万円

4

712万円

900万円

1670万円

5

599万円

750万円

1400万円

6

498万円

600万円

1180万円

7

409万円

500万円

1000万円

8

324万円

400万円

830万円

9

245万円

300万円

690万円

10

187万円

200万円

550万円

11

135万円

150万円

420万円

12

93万円

100万円

290万円

13

57万円

60万円

180万円

14

32万円

40万円

110万円

むちうち症の慰謝料の計算

むち打ち症は、交通事故で非常に多いケースですが、これは治療が長引くばかりではなく、神経症状も残る可能性もあり、後遺症として特殊なもので、裁判の判例でも特別な扱いをしています。

入通院慰謝料については、上記でご説明した一般の例と同じ計算方法になります。だたし入通院慰謝料は、治療が長期化しても15ヶ月で打ち切られることは留意しておきましょう。

また、むちうち症の場合、温泉治療や、整骨院に行くことが多いのですが、この場合は「医師の指示」に従い、指定された温泉療養所なり、整骨院なりに行くことが大切です。

むちうち症の逸失利益

むちうち症の逸失利益をどうやって算出したらよいのか?、という点は示談でもたびたび争点となります。

ただ裁判の判例を見ると、下記の表にあるような傾向があります。

表:むちうち症に関する後遺障害の存続年数

等級

労働能力喪失率

労働能力喪失率

1213

14

510

149

5

5年以下

ただし、むちうち症で後遺障害何級かの認定を受けたとしても、現在労働して通常通り収益を上げている場合は、逸失利益は上記の表の半分以下しかもらえないというケースもあります。

なお、後遺障害等級認定の項で紹介した、等級表には、「むちうち症」という言葉はありません。

むちうち症は「局部に頑固な神経症状を残す、あるいは局部に神経症状を残す」という項目に該当します。

死亡慰謝料の計算

死亡慰謝料は、死亡した被害者に対する慰謝料と、その遺族に対する慰謝料の2つに分かれています。

また、上記と同様「入通院慰謝料」「後遺症害慰謝料」「死亡慰謝料」の3つの基準があります。

なお、任意基準については、平成9年以降の保険の自由化により、保険会社ごとに基準が存在し、非公表となっているため、あくまでも参考程度に留めてください

表:死亡慰謝料の計算まとめ

被害者

自賠責基準

任意基準(目安)

弁護士会基準

一家の支柱

350万円

1450万円程度

2800万円程度

配偶者・母親

350万円

1000万円程度

2400万円程度

上記以外

350万円

1300万円程度

2000万円〜

2200万円程度

上記が絶対という訳ではありませんが、大多数は20003000万円の間が認められます。死亡慰謝料を請求できる人は、死亡者の相続人の他、死亡者の両親も居ます。

もう一つ、忘れないようにしたいポイントが、遺族内部で慰謝料をどう分配するかで揉めることが、しばしばあるという点です。このようなトラブルを未然に防ぐためにも、示談書を作るときに、誰にいくら分配するのか?という分配額を明記しておくとよいでしょう。

まとめ

研究

交通事故の慰謝料の計算をする上で、まずは3つの算定基準の知識をしっかりおさえましょう。

ほとんどの示談で保険会社が提示してくる金額は、任意保険基準により算出された金額です。

しかし、上記でも述べましたが、あくまで弁護士会(裁判)基準を目安に、交渉を頑張るべきです。保険会社から提示されている金額は、もっと高くなるものと考えたほうがよいでしょう。

その為にも、まずは自分で慰謝料を計算してみて、ご自身が請求できる慰謝料の適正な金額を把握しておくことが大切です。

しかし、事故のケースによっては、必ずしも計算した通りにはいかないこともあります。

示談で提示された金額が適正なのか否か、知りたい人は、まずは弁護士に相談してみてください。

  • 交通事故の損害賠償額の算定基準は3つ
  • 弁護士会基準がもっとも被害者に有利な損害賠償の基準
  • 任意保険基準では保険会社が独自の基準で慰謝料を提示
  • 後遺症害等級を受けられるかどうかで慰謝料の金額は大きく変わる

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-330-108

交通事故の示談金・賠償金のご相談、後遺障害による等級認定のご相談など、交通事故の被害に合われてしまった方は、お電話またはメールよりお気軽にお問合せ下さい。

交通事故によるご相談は無料。メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは弁護士法人リーセット(神戸)までご状況をお知らせください。

受付時間:平日9:00~20:00
定休日:土曜・日曜・祝日

ご予約いただければ、上記日時外(定休日)も対応可能です。

JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分 ⇒ アクセスマップはこちら

無料相談はこちらから

交通事故

交通事故の示談金や後遺障害による賠償金のご相談はこちら

0120-330-108

交通事故被害のトピック

弁護士事務所概要

事務所

弁護士法人リーセット神戸

お電話でのお問い合わせ
0120-330-108
メールでのお問い合わせ
住所

〒650-00027
兵庫県神戸市中央区中町通2-2-18 平戸ビル3階

JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分