交通事故による保険会社との賠償金や後遺障害の交渉は相談無料の弁護士法人リーセットへ!

弁護士法人リーセット(神戸・兵庫)
<交通事故被害者専門サイト>

〒650-0027
兵庫県神戸市中央区中町通2-2-18 平戸ビル3階
JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分
三宮から電車で5分

受付時間
平日9:00~20:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ夜間・定休日の対応可能です。

●取扱い業務:交通事故の示談交渉・慰謝料請求

お電話での無料相談はこちら
0120-330-108

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

交通事故の相談をする弁護士のベストな選び方

田中弁護士

「どうやって弁護士を探せばいいんだろう?」

交通事故問題でお悩みの人は、まずは弁護士へ相談することをお勧めいたします。

ただ、はじめてのことなので、どうやって弁護士を探せばよいのか分からずに一歩を踏み出せない...という人も少なくない筈です。

そこで今回は、交通事故の相談をする弁護士のベストな選び方について詳しく解説してまいります。ぜひご参考にしてください。

弁護士に相談・依頼するメリットとデメリットは?

そもそも何故、弁護士に相談・依頼するのでしょうか?まずは、そのメリットとデメリットについて、解説いたします。

弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼するメリットは以下の通りです。

①面倒ごとや難しい交渉などを任せられる

②裁判例に則った高額な賠償額を得られる

①については、示談内容の判断や、請求金額のチェック、不慣れな書類集め、保険会社側のプロ同士との交渉など、面倒で難しいことを任せることができます。

②については、実際の示談交渉の場では、加害者側の保険会社は、保険会社独自の基準で賠償金額を提示してきます。対して、弁護者はあくまで裁判の判例にもとづいた、より高額な金額で交渉してくれるので心強いのです。

もし、交渉が不成立となれば、裁判をすればいいのです。

保険会社は裁判となれば、どのみち裁判基準で賠償金を支払わなくてはならないことを分かっているので、弁護士が交渉役になると態度を一変させるケースが多いのです。

弁護士に依頼するデメリット

弁護士に依頼するデメリットは、弁護士費用がかかる点です。

弁護士費用を払ったために、かえってもらえる金額が少なくなったという場合を防ぐためにも、できるだけ依頼前に見積もりを依頼してみることが肝心です。

それができない法律事務所は避けるようにしましょう。そのほかに、一体いくらかかるのか不明確にしている法律事務所もあるので、ご注意ください。

なお、もし被害者の加入している保険に、弁護士費用特約が付いているならば、実質負担ゼロで弁護士に依頼できるので、一度、契約内容をチェックしてみましょう。

交通事故に強い弁護士とは?

当然ですが、弁護士は適当に選んでは駄目です。交通事故問題に強く、経験豊富な人に依頼しないと、意味がありません。

下記にて、交通事故に強い弁護士を選ぶ為のポイントを整理いたしました。

交通事故問題について解決の実績がある

交通事故の民事解決の場合では、法律の知識以外にも、後遺障害などの医療知識が求められるケースもあり、その弁護士が、どれだけ場数を踏んでいるかが、示談の結果にも直結することになります。

もし弁護士へ交通事故被害の依頼を考えているのであれば、交通事故問題の解決実績があるのかどうかを、必ず確認してください。

弁護士事務所のHPをチェックしたり、依頼前の相談で質問をしれば、大体は判ります。

依頼先を探す時は、解決実績の有無で決めましょう。

説明が分かりやすい

交通事故に詳しい、経験豊富な弁護士は、相談者に対しての説明も、わかりやすいと言われてます。

数多くの交通事故問題を解決してきた弁護士ほど、被害者の立場を理解する能力も高いので、相手がどのような不安を抱いているのか、そしてどのように解決に導いてあげればよいのか、熟知しているからです。

反対に、説明が専門用語だらけで、話が独りよがりで分かりにくい弁護士は、依頼しない方がよいでしょう。もし実績があったとしても、相互理解と信頼が生まれにくいので、依頼後にトラブルとなる可能性もあります

弁護士との人間的な相性も重要

最終的には、面談してみた結果、その弁護士なら依頼しても大丈夫だと、依頼主が感じられるかどうかが、もっとも重要です。

その為にも、依頼する側も、弁護士には自分の状況を、包み隠さず伝えることが必要となります。

依頼主の気後れにより、この「弁護士に本当に伝えないといけないことを、伝える」ということが出来ていないケースがあります。それが仇となり、後に示談や裁判で、不利になってしまうこともあるのです。

なので、弁護士選びでは、自分との弁護士との、人間的な相性も、重視するべきです。実績も大事ですが、と同時に自分の感覚も参考にしてください。

交通事故に強い弁護士の探し方

交通事故に詳しく、強い弁護士の探し方と、それぞれのメリット、デメリットを下記にて整理いたします。

知人に教えてもらう

弁護士に依頼したことのある知人がいれば、その人から紹介してもらうというやり方があります。メリットとしては、探す手間が省ける事と、知人の経験談や、弁護士の人柄の話などを、参考にすることができる事です。

もっとも、知人が弁護士に依頼した内容が交通事故ではなかった場合は、注意が必要です。交通事故問題の解決の実績の有無については、別途確認した方がよいでしょう。

また、知人から紹介された手前、何らかの理由で弁護士を変更したくなった場合、気まずい思いをするかもしれません。

HPを参考にする

弁護士事務所のHPも、もちろん参考にするべきです。

弁護士と法律事務所の詳しい情報を調べることができますし(殆どのHPで過去の実績が掲載されている)、事前に相談したい人を見つけることも可能です。

まずは、交通事故の解決の実績が掲載されているか、確認してみましょう。

デメリットは、現在弁護士のHPは非常に多いので、探す手間がかかる事です。

弁護士会の相談会

地域によるのですが、弁護士会が実施している無料法律相談が主催されている場合があります。なんといっても、弁護士会が実施している、という安心感があります。もし通える場所で開催しているのであれば、検討してみるのもよいでしょう。

ただし、相談できる日時がバラバラであることや、対応してくれる弁護士を指定できない点でデメリットです。また、交通事故がメインの相談会ではないと、そもそも悩みを相談することができないこともあります。

法テラス

法テラスは、経済的に余裕がない人が法的トラブルに遭った時に無料法律相談や弁護士費用の立替もおこなっている公的機関です。被害者がやるべきことを確認することが出来たり、弁護士用の扶助を受けられることが可能です。

ただし、あくまでも法テラスは相談窓口なので、相談の中身は、依頼する弁護士を紹介されるだけに留まります。紹介された弁護士が本当に交通事故に強く、信頼できるか否かについては、実際に面談するまでは分かりません。

著書のある弁護士

交通事故関連の著作のある弁護士なら、専門性の裏づけがあるので、信頼度はかなり高いです。その著作も、出版社が大手からの新書であれば、なおさら良いでしょう。(ただし、誰でも出版できる自費出版の場合は除きます)

大手出版社から新書が出版されるということは、第三者から見ても、その弁護士のレベルが高いことが認められているということです。

ただし、人気弁護士である可能性はきわめて高いので、すでに他の案件でかかりきりになっており、依頼したくてもできない、ということはあるかもしれません。

弁護士への依頼のタイミング

交通事故にあって、示談前までなら、いつでも弁護士に相談して依頼することができます。ただ、ベストなタイミングはあるのでしょうか?それを知る為に、まずは交通事故が起きた場合の、当事者がすべきことの流れをおさえておきましょう。下記に記します。

弁護士への依頼のタイミング

通常、人身事故の被害者であれば、病院で治療やリハビリの必要がなくなった時点で、示談に入り、損害賠償を請求します。

示談がまとまれば、加害者は被害者へ示談金を支払い、まとまらない場合は裁判などで紛争を解決します。

弁護士への依頼のベストタイミングは?

上記の図を踏まえた上で、交通事故後、弁護士に依頼するベストなタイミングは、いつでしょうか?

結論は、怪我の治療が完了した後、示談交渉に入る前が、もっとも良いでしょう。

理由は「弁護士を雇うのが得なのか?損なのか?」、もっとも見極めやすいタイミングだからです。

じつはここがもっとも重要なポイントなのですが、弁護士に依頼する前には、弁護士費用を払っても、分相応のリターンが見込めるのかどうか、計算すべきなのです。

したがって弁護士に相談する際は、示談金と費用の見積もりをお願いして、きちんと確認しないといけません。

ちなみに、交通事故から示談成立までの期間なら、一応どのタイミングでも弁護士への相談、依頼は可能です。(出来るだけ早い方が、諸々の手続きを任せられるので、お勧めですが)

しかし、いったん示談書にサインした「示談成立」後の場合は、その後に弁護士を雇っても無駄になりますので、ご注意ください。

弁護士費用の相場

弁護士へ依頼した場合は、弁護士費用が必要となります。

弁護士費用は弁護士によって違いがありますが、旧日弁連基準を参考に、費用を設定している弁護士も少なくありません。

下記にその基準を記載します。

表:旧日弁連基準を参考

経済的利益

着手金

成功報酬

総額

100万円

11万円

17万円

28万円

200万円

17万円

35万円

52万円

300万円

26万円

52万円

78万円

400万円

31万円

63万円

94万円

500万円

37万円

73万円

110万円

1000万円

64万円

127万円

191万円

1500万円

91万円

181万円

272万円

2000万円

118万円

235万円

353万円

弁護士を探す際は、「着手金と報奨金がいくらなのか、基準を明らかにしている弁護士」という点がポイントです。

また、依頼したら、必ず委任契約書を締結しましょう。

獲得金額の予想を、きちんと確認することが重要です。交通事故に詳しい、しっかりした弁護士なら、正確な金額を算出します。

弁護士に相談する際のポイント

弁護士へ相談を持ちかける時に、前もっておさえておきたいポイントについて整理いたします。

資料の準備

弁護士へ相談する際に持参しておきたい資料は、

①交通事故証明書

②交通事故の状況がわかる資料

③病院名が分かる資料

④治療状況が分かる資料(診断書など)

⑤保険会社とのやり取りが把握できる資料

...など、事故当時の状況や、治療の経緯が分かる資料です。

特に保険会社との間でやり取りがあったのなら、出来る限り詳しく、時系列で把握できるように表で整理していけば、弁護士の能率が上がります。弁護士相談は時間単位で区切られていることが多いので、これは重要なポイントです。

また、聞きたいことは予め整理しておくことも、良いでしょう。

相談で聞いておくべきポイント

相談するときに必ず聞いておきたいポイントを下記に整理します。

①不安な点

②今回のケースで注意したい点

③示談金と弁護士費用の見積もり

不安な点

被害者にとって何もかもが初めての経験なので、不安に思うことも多々あるでしょう。

治療費について保険会社が打ち切りを通告してくることもありますし、担当医師と適切にコミュニケーションをとれないケースも考えられます。

これら問題点について弁護士に相談すれば、適切に対処できるようになります。

今回の事故のケースで注意したい点

負傷部位や症状によって、対処すべき事柄が千差万別なのです。

例えば、むち打ちなら、後に後遺障害等級認定の、難しい手続きがひかえています。

無事に審査を通すためにも、通院中の適切な態度や、医師とのコミュニケーションの仕方など、注意したい点を予めおさえておきたいところ。

このような微妙な事柄について、早めのタイミングに、専門家からアドバイスを受けておくことが大切です。

示談金と弁護士費用の見積もり

先述もしましたが、弁護士費用が示談金をオーバーする「費用倒れ」が心配です。

きちんとリターン分を回収できるのか、しっかり確認しておきたいところです。

弁護士特約も忘れずにチェック

交通事故における、弁護士特約とは、任意保険の中に、「弁護士費用等担保特約」が用意されているケースを指します。

交通事故に関連して弁護士を委任する際、その弁護士費用を支払ってくれる特約です。

自分の任意保険に、この特約を含めた契約をしているのなら、特約条件に応じて弁護士費用の支払いを請求することができます。

一般的には「300万円以下の弁護士費用であれば保険会社が支払う」という内容になっています。

なお、死亡事件や重大な事案に関しては、弁護士費用が300万円を越すケースもありますが、通常の交通事故の場合なら300万円を越すことは、ほぼありません。

一度、自分の任意保険に弁護士特約があるか確認してみましょう。

まとめ

研究

弁護士を探すことは特別なことではありません。なので、今回の記事で紹介したポイントをしっかりとおさえて行動していけば、弁護士選びも失敗せずに済みます。

弁護士の人柄や、費用、交通事故問題の解決の実績など、ひとつひとつ把握していけば、必ず良い弁護士を探せます。

そして、交通事故問題を解決するためには、交通事故分野に詳しい弁護士に依頼することが、もっとも重要です。

まずは法律相談を受けてみて、信頼できそうな弁護士かどうか、じっくり確認してみましょう。

  • 弁護士の選び方で重要なのは、まずは交通事故問題の解決の実績の有無
  • 交通事故問題の解決の実績だけではなく、弁護士の人柄と相性も重要
  • 弁護士との面談では包み隠さず悩みを打ち明けるべき
  • 弁護士特約の有無も忘れずにチェックすること

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-330-108

交通事故の示談金・賠償金のご相談、後遺障害による等級認定のご相談など、交通事故の被害に合われてしまった方は、お電話またはメールよりお気軽にお問合せ下さい。

交通事故によるご相談は無料。メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは弁護士法人リーセット(神戸)までご状況をお知らせください。

受付時間:平日9:00~20:00
定休日:土曜・日曜・祝日

ご予約いただければ、上記日時外(定休日)も対応可能です。

JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分 ⇒ アクセスマップはこちら

無料相談はこちらから

交通事故

交通事故の示談金や後遺障害による賠償金のご相談はこちら

0120-330-108

交通事故被害のトピック

弁護士事務所概要

事務所

弁護士法人リーセット神戸

お電話でのお問い合わせ
0120-330-108
メールでのお問い合わせ
住所

〒650-00027
兵庫県神戸市中央区中町通2-2-18 平戸ビル3階

JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分