交通事故による保険会社との賠償金や後遺障害の交渉は相談無料の弁護士法人リーセットへ!

弁護士法人リーセット(神戸・兵庫)
<交通事故被害者専門サイト>

〒650-0027
兵庫県神戸市中央区中町通2-2-18 平戸ビル3階
JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分
三宮から電車で5分

受付時間
平日9:00~20:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ夜間・定休日の対応可能です。

●取扱い業務:交通事故の示談交渉・慰謝料請求

お電話での無料相談はこちら
0120-330-108

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

後遺障害診断書を作成する上で注意しておくこと

田中弁護士

「交通事故で後遺障害が残った時、後遺障害診断書はどうやって作成するんだろう?」

交通事故の怪我を治療しても完治せず、後遺障害として残った場合、後遺障害の重症度に応じて、「後遺障害慰謝料」を受け取ることができます。

しかし、後遺障害慰謝料を請求するためには、「後遺障害等級認定」を受けないといけません。

この後遺障害等級認定の申請手続きをする際、最も重要な書類が「後遺障害診断書」です。

そこで今回は、この後遺障害診断書を作成する上で注意しておくことを、解説いたします。

後遺障害診断書の基礎知識

まずは後遺障害診断書とは、どのような書類なのか?について、基礎知識をおさえておきましょう。

後遺障害診断書とは?

後遺障害診断書(自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書の略称)は、

交通事故により怪我をし、治療を一通り終えたが、後遺障害が残ってしまった、という場合に、後遺障害等級認定の申請手続きをする際に、必要となる書類です。

もっとも、後遺障害診断書は、申請手続きの為だけに作成される書類ではありません。後遺障害の等級を決められる際にも、重要な役割を担っています。

したがって、後遺障害等級認定における、最重要書類といってよいものです。

後遺障害診等級書の取得するタイミングは?

後遺障害診等級書を医師に作成を依頼するタイミングはいつでしょうか?

それは「症状固定後」となります。症状固定とは、治療してもこれ以上の改善は見込めず、身体に障害が残った状態のことです。

症状固定となった後も、被害者が希望すれば治療やリハビリを継続することができますが、治療費は自己負担となります。したがって、症状固定のタイミングについては、担当医と相談して、慎重に判断した方がよいでしょう。

作成費用は?

後遺障害診断書の作成費用は、病院にもよりますが、だいたい5000円~1万円程度です。作成費用の決定は、病院の裁量となっています。

後遺障害診断書を作成してもらう上での注意点

担当医に後遺障害診断書を作成してもらう上で、どのようなことに注意するべきでしょうか?下記にて詳しく解説いたします。

症状についてしっかり医師に伝える

後遺障害診断書は、被害者の後遺症はどの程度なのか?を正確に証明するものです。

一般的に、後遺障害等級の認定は、提出された後遺障害診断書にもとづく書面審査だけで、おこなわれます。

なお補足資料として、レントゲンや、経過の診断書を要求される場合もあります。ごくまれに被害者の傷跡を確かめるために調査員が直接本人に面談して認定することもあります。

したがって、医師の診断を受けている際に、自分の症状(痛み、病状の程度)を正確に、しっかり伝えられているか否かが、きわめて重要になってきます。

また、いったん後遺障害診断書を受け取ったら、被害者本人がしっかりチェックしましょう。

また、もし医師から診断書をもらい、症状が固定したとされた後に、別の後遺症が発症した場合、新しい後遺症のための治療費を請求することは難しくなる点も、忘れないようにしましょう。

後遺障害があることを医師に明記してもうらうことが大切

交通事故のによる後遺障害の審査がスムースに通るかどうかは、診断書の記載内容で決まります。

ただし、医師は後遺障害の仕組みについて詳しい訳ではありません。後遺障害診断書の作成は、本来の医療行為ではないからです。

なので、必ずしも適切な診断書を作成してもらえるとは限らないのが実情です。

対策としては、適切な診断書を作成してもらえるようにするためにも、医師と十分なコミュニケーションを図り、信頼関係を築く努力をしていくことが大切です。

どのように医師とコミュニケーションをしていけばよいのか?と不安な場合は、弁護士相談を利用することも検討してみてください。

整骨院へ通院している人は注意

後遺障害診断書を作成できるのは医療機関に従事している医師だけです。

もし病院に通わず、整骨院にだけ通っていた場合、いざ後遺障害診断書が必要となった際に医師に依頼しても、作成を断られます。なぜなら、これまでの治療の経過や症状の変化を記録できていない為です。

したがって、整骨院で治療をしている場合であっても、それとは別に病院への通院、医師による診察を継続することが必要なことは、忘れないでください。

記入漏れがないかチェックする

後遺障害診断書の作成が完了したら、被害者は必ず内容をチェックしましょう。自分が伝えてきた内容と齟齬がないか、記入漏れが発生していないか確認して、もし内容に不備があれば、追記してもらうよう、医師に伝えてください。

後遺障害診断書の記載内容

後遺障害診断書は医師の手で作成されますが、上記でも記した通り、被害者は受身になって何もしなくてよい訳ではありません。

後遺障害診断書には、自覚症状を記載する欄があるので、被害者は医師に、自分がどのような自覚症状があるのか、正確かつ一貫した内容を伝える努力をしなければなりません。

また、医師が作成した後遺障害診断書の内容に不備がないか、被害者自身でチェックできるように、下記にて記載内容を整理いたします。

後遺障害診断書の書式

下記が、後遺障害診断書の書式となります。

後遺障害診断書

もし「腕がしびれている」といった症状が後遺障害として残った場合は、後遺障害診断書には、神経症状の検査結果や、自覚症状、医学的な症状名などを記載することができます。

また、複数の部位に後遺障害が併発している場合は、複数の症状を記載します。

後遺障害診断書の記載項目

下記にて、診断書の記載項目について整理いたします。

被害者の方の情報

被害者の氏名、性別、生年月日、住所、職業を記載します。

受傷日時

交通事故に遭った日時を記載します。

症状固定日時

症状固定日の日付を記載します。

当院入通院期間

後遺障害診断書を作成する担当医が勤めている病院で、被害者が治療をおこなった入通院期間を記載します。

なお、転院した場合には、転院前の入通院期間については通常記載しないものとされています。

傷病名

交通事故により負傷し、症状固定後も後遺障害として残った傷病名を記載します。

既存の障害

既存の障害とは、交通事故の前から被害者がもっていた障害のことです。

交通事故と後遺障害の因果関係を判断するために記載します。

主に、被害者からのヒアリングや、過去の通院歴を元に記載されます。

自覚症状

被害者が訴えている自覚症状を記載します。

この欄は後遺障害の等級認定にあたって、最も重要になります。担当医に対し、どの部位がどのように痛むのか、正確かつ一貫した内容を伝えるようにしましょう。

各部位の障害の内容

主に、画像所見など、検査から他覚的所見を記載します。

診断書作成時点において残ってしまった後遺障害について、軽減、不変、増悪、緩解などの今後の見通しなども記載します。

歯科用の後遺障害診断書

ほとんどの後遺障害は上記の書式で記載をしますが、例外は「歯」で、歯が抜けたり損傷したりした場合は、ほかの症状とは異なり、歯科用の書式が用意されています。

下記がその書式です。

後遺障害診断書の提出方法

後遺障害診断書を提出する際、「事前認定」と「被害者請求」の2つのやり方があるので、下記にて解説いたします。

後遺障害等級認定における被害者請求とは?

交通事故の怪我の治療が一通り終わり、症状固定となった場合、後遺症と付き合いながら生活をしなければなりません。

この、将来への不安を、少しでも和らげるための第一歩として、後遺障害等級認定の手続きを行う必要があります。

この後遺障害等級認定を受けるために、後遺障害診断書などの書類を提出する方法は、下記2通りの手続きが選べます。

①加害者側の保険会社が手続きを行う「事前認定」

②被害者自ら手続きを行う「被害者請求」

表:「事前認定」と「被害者請求」の違い

 

メリット

デメリット

事前認定

.手続きが簡単になる

.資料不足のリスク

被害者請求

.手続きの透明性が高い

.提出書類を自らチェック、吟味できる

.手続きが煩雑で手間

後遺障害等級認定は被害者請求で行うべき?

通常は手続きが面倒なので「事前承認」で行なうケースが多いです。

しかし、この申請方法にはひとつ問題点があります。審査のために提出する書類を、被害者本人が確認することができないのです。

つまり、交通事故の被害者の後遺症がどれだけ重いかを立証する義務がない、保険会社に、一切をまる投げしている訳です。

このため、被害者の後遺障害等級として評価するための資料に不備があり、実際の症状よりも低い等級評価になる...というような、被害者にとって不本意な結果に終わるケースも、ない訳ではありません。

したがって適正な等級を受けたいのなら、被害者請求で行うのが、より確実なやり方です。

まとめ

研究

交通事故の後遺障害等級認定の認定は、実はかなり難しいものなのです。正確な診断書の作成と、証拠の資料をきっちりそろえて、臨みましょう。

また、正確な診断書を作成するためにも、患者と医師とのコミュニケーションが大切ですね。事故当初から、きちんと治療を受けているか否かで、内容が大きく変わってしまう場合もあるので注意が必要です。

特に第三者が後遺障害診断書を見た時に、事故当初から、治療をおこなってきた経過や症状に、一貫性があると分かる内容になっていることが重要です。

後遺障害等級認定は、書類第一主義により審査されます。確実に認定を受けるためにも、一度弁護士に相談することをお勧めいたします。

  • 後遺障害診断書は、後遺障害等級認定の申請手続きにおける最重要書類
  • 後遺障害等級認定を受けないと後遺障害慰謝料は受け取れない
  • 適切な等級認定を受けるためにも医師とのコミュニケーションが重要となる
  • 適切な後遺障害診断書を作成してもらうためにも、継続した通院が不可欠

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-330-108

交通事故の示談金・賠償金のご相談、後遺障害による等級認定のご相談など、交通事故の被害に合われてしまった方は、お電話またはメールよりお気軽にお問合せ下さい。

交通事故によるご相談は無料。メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは弁護士法人リーセット(神戸)までご状況をお知らせください。

受付時間:平日9:00~20:00
定休日:土曜・日曜・祝日

ご予約いただければ、上記日時外(定休日)も対応可能です。

JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分 ⇒ アクセスマップはこちら

弁護士法人リーセット神戸の所在地

〒650-0027
兵庫県神戸市中央区中町通2-2-18 平戸ビル3階

JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分
三宮から電車で5分

無料相談はこちらから

交通事故

交通事故の示談金や後遺障害による賠償金のご相談はこちら

0120-330-108

交通事故被害のトピック

弁護士事務所概要

事務所

弁護士法人リーセット神戸

お電話でのお問い合わせ
0120-330-108
メールでのお問い合わせ
住所

〒650-00027
兵庫県神戸市中央区中町通2-2-18 平戸ビル3階

JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分