交通事故による保険会社との賠償金や後遺障害の交渉は相談無料の弁護士法人リーセットへ!

弁護士法人リーセット(神戸・兵庫)
<交通事故被害者専門サイト>

〒650-0027
兵庫県神戸市中央区中町通2-2-18 平戸ビル3階
JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分
三宮から電車で5分

受付時間
平日9:00~20:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ夜間・定休日の対応可能です。

●取扱い業務:交通事故の示談交渉・慰謝料請求

お電話での無料相談はこちら
0120-330-108

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

過失相殺とは何か分かりやすく解説

田中弁護士

「過失相殺って何だろう?」

過失相殺は、被害者にも事故の責任(過失)があったという場合に、被害者の過失に応じて損害賠償を減額することです。

交通事故では、過失割合により、加害者が被害者に支払う賠償金が減殺されます。

この過失の割合は、交通事故の状況、様態ごとに、細かく検討されて決められますが、検討にあたっては、警察の現場検証により作成された実況見分調書が重視されます。

今回は、この過失相殺について、その基本的な考え方や、過失割合の判定方法、示談においてどのような流れで決定していくのか、等について解説いたします。

過失相殺とは何か?

まずは過失相殺の基本的な考え方について、解説いたします。

過失相殺によって損害賠償が減額される

ほとんどの交通事故は、その原因を調査すると、加害者のみならず、被害者にも責任があります。被害者が、過失ゼロというケースは稀です。

過失相殺とは、過失の割合に応じて、当事者双方に公平に責任を負担すべきという考え方に基づき、損害賠償額を決定するにあたって、被害者側の過失の程度(過失割合)により賠償金を減額することです。

下記にて、簡単な例を用いて計算例を解説いたします。

過失相殺の計算① 歩行者×四輪車

歩行者(被害者側)が横断歩道のすぐ傍を歩行中、通行してきた四輪車と衝突して、負傷した、とします。賠償金と、過失割合は以下の通り、

①損害賠償は100万円

②加害者の過失は70

③被害者の過失は30

...となると、加害者が被害者に支払う賠償金は、100万円から30%が減額されて70万円ということになります。

過失相殺の計算② 四輪車×四輪車

四輪車×四輪車の過失相殺

車両同士の事故の場合は、加害者・被害者双方に損害が発生します。賠償は、それぞれの過失割合に応じて、負担し合うことになります。

たとえば信号のない交差点で、A車とB車の速度も同じくらい、B車側には一時停止標識があったとします。

①Aの過失は20%、Bの過失は80

②過失相殺により、Aの損害額は200万円

③過失相殺により、Bの損害額は20万円

結果、賠償額を精算すると、BがAに対して、180万円を支払うことになります。

過失割合の判定

過失割合の判定は、非常に複雑です。何か一定の基準ですぐに計れるものではありません。

ただ、交通事故ごとに判定の基準が異なるのは困ります。そこで、過去の判例などの積み重ねにより、一定の基準が設けられてはいます。(体系化された、いくつものパターンがあります)

その基準は、

①四輪車同士

②歩行者と四輪車

③四輪車とバイク

④四輪車と自転車

...という具体で、いくつかに分かれています。さらに、交通事故発生時の場所によって、基本の過失割合が決められるのです。

さらに細かく、昼か夜か、被害者の年齢、当事者それぞれの過失割合、などを考慮して、基本割合に修正を加え、最終的な過失割合が算定されます。下記が修正要素の一例です。

表:過失割合の修正要素

歩行者

四輪車

歩行者に加算

夜間、幹線道路、直線・直後横断

ふらふら歩き、横断禁止規則有り、等

歩行者に減算

住宅、商店街、児童、高齢者、幼児

身体障害者、集団横断、歩車道の区別無し、等

四輪車

四輪車

過失が加減算される

見通しの良い交差点、合図無し、制御灯故障

初心者マーク、大型車、一方の明らかな先入

徐行無し、速度違反、右折禁止違反、等

過失割合の修正計算の例

夜間に、歩行者が商店街の横断歩道の付近を歩行し、横切ろうとしたところ、通行してきた車両と衝突した。

①修正要素は「夜間」「幹線道路」「商店街」

②基本的な過失割合は、加害者75:被害者25

③歩行者に加算される要素は 「夜間」+5、幹線道路+10

④歩行者に減算される要素は 「商店街」-10

...という訳で、修正後の過失割合は、「歩行者(被害者)30%の過失割合」となる。

過失相殺の決定の流れ

過失割合はどのように決定していくのでしょうか?その流れを解説していきます。

警察による事故状況事の記録

交通事故が起こった時、警察が現場検証を行い、事故状況を詳細に記録した「実況見分調書」を作成します。

事故を起こした車両のスピードや、破損状況、どのようにして衝突したのか等を、細かく調査して、記録に残します。

この「実況見分調書」は、その後の示談や裁判でも重要な証拠として扱われます。この資料から事故様態を判断し、加害者と被害者それぞれの行動を検討して、過失割合を算定します。

過失割合を決める人は誰?

実際に過失割合が争点となるのは、示談の時です。

つまり、被害者と加害者側の保険会社との交渉によって、過失割合が決められます。もし保険会社の提案が納得できないというなら、被害者側から具体的な根拠を示し、折り合いをつけていく必要があります。

なお、もし被害者が納得できない状態で、示談書にサインしてしまうと、その内容を覆すことは難しいので、ご注意ください。

一度サインした後は、過失割合について再び争うことはできません。

過失相殺と自賠責保険・任意保険

損害賠償請求する時に、過失相殺が適用されるのは、主に任意保険が対象です。

自賠責保険は、被害者の最低限の補償、保護という性格をもつ強制的な保険なので、被害者に重大な過失がない限りは、過失相殺はされません。

しかも割合の数値も決められており、状況により20%、30%、503つのうちの、どれかになります。

過失相殺と損益相殺

交通事故の被害者が、損害以上に利益を得てしまう場合があります。しかし、これでは過失割合に基づき、公平に責任を負担するべきという法律の考え方に反しています。

そこで、被害者が交通事故により被った損害以上の利益を得ないようにすることを、「損益相殺」と呼びます。

これは、法律上で定められている訳ではないのですが、このような不当な利益を受けた場合に、損害賠償からその利益を控除することになっているのです。

たとえば、交通事故が被害者の仕事中に起こって、労災保険の給付金が支払われた場合、この金額が、損害賠償金の請求に際に、差し引かれます。

なので、実際に被害者が受け取る損害賠償額は、損益相殺分と、過失相殺分が差し引かれた金額ということになります。

一般的に損益利益の対象とされているものは、下記になります。

損益相殺の対象

損益相殺の対象外

自賠責保険金

生命保険金

健康保険金法による給付金

搭乗者傷害保険金

国民健康保険法による給付金

傷害保険金

厚生年金保険法による給付金

雇用保険失業等給付金

労災保険法による給付金

生活保護給付金

国民年金法による給付金

 

国家公務員による給付金

 

地方公務員災害補償法による給付金

 

まとめ

研究

過失相殺とは何か?について解説してまいりました。

示談で過失相殺が争点となることは多いです。専門知識がないと相手側の保険会社の言いなりになってしまうこともしばしばです。

また、保険会社の言い分が、法的に妥当という訳ではありません。過失相殺のことで悩んでいるなら、弁護士に相談することをお勧めいたします。

  • 過失相殺の判定は複雑で、示談で争点となることも多い
  • 被害者が過失セロというケースは稀
  • 四輪車同士の交通事故では過失相殺で当事者双方で損害を負担し合う
  • 自賠責保険では重大な過失がない限り、被害者側へ過失相殺はされない

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-330-108

交通事故の示談金・賠償金のご相談、後遺障害による等級認定のご相談など、交通事故の被害に合われてしまった方は、お電話またはメールよりお気軽にお問合せ下さい。

交通事故によるご相談は無料。メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは弁護士法人リーセット(神戸)までご状況をお知らせください。

受付時間:平日9:00~20:00
定休日:土曜・日曜・祝日

ご予約いただければ、上記日時外(定休日)も対応可能です。

JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分 ⇒ アクセスマップはこちら

無料相談はこちらから

交通事故

交通事故の示談金や後遺障害による賠償金のご相談はこちら

0120-330-108

交通事故被害のトピック

弁護士事務所概要

事務所

弁護士法人リーセット神戸

お電話でのお問い合わせ
0120-330-108
メールでのお問い合わせ
住所

〒650-00027
兵庫県神戸市中央区中町通2-2-18 平戸ビル3階

JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分