交通事故による保険会社との賠償金や後遺障害の交渉は相談無料の弁護士法人リーセットへ!

弁護士法人リーセット(神戸・兵庫)
<交通事故被害者専門サイト>

〒650-0027
兵庫県神戸市中央区中町通2-2-18 平戸ビル3階
JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分
三宮から電車で5分

受付時間
平日9:00~20:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ夜間・定休日の対応可能です。

●取扱い業務:交通事故の示談交渉・慰謝料請求

お電話での無料相談はこちら
0120-330-108

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

交通事故の被害でめまいがあると後遺障害に認定される?

田中弁護士

「交通事故に遭った後、ひどいめまいに襲われる...」

交通事故に遭うと、その後めまいが起こるケースがあります。

また、めまいを理由として、後遺障害の認定を受けることや、慰謝料を請求することができます。

ちなみに、めまいが起こるときは、どのような後遺障害として認定されるのでしょうか?

今回は、めまいが後遺障害として認定される場合の症状や、認定された事例などを解説してまいります。

めまいで認定される後遺障害は?

まずは交通事故後、めまいにより後遺障害として認定されることのあるケースを、下記にまとめます。

むちうちのバレ・リュー症候群

首のむちうち(頚椎捻挫)にみられる、めまい、頭痛、吐き気、耳鳴りなどの不定症状がみられるものを、バレ・リュー症候群と呼びます。

他覚的所見がみられず、患者の主観的な訴えが主になる上に、長期間治らず、慢性化の傾向をたどりやすい。バレ・リュー症候群の患者は、神経症が次第に重症化するケースも少なくありません。

なお、いかなるプロセスでバレ・リュー症候群が発症するのか、まだ医学的に解明できていません。

脳外傷による平衡機能障害

脳外傷、高次脳機能障害により、めまいの発作を起こすようになるケースです。

内耳神経や小脳などに異常が生じて、耳鳴り、めまいなどの平衡機能障害が生じている可能性があります。

その場合は、神経系統の機能障害の一部として診断されます。神経系統の機能の障害について定められている認定基準により、等級を受けられます。

もし交通事故後、めまいを起こすようになったら、すぐに脳神経外科へ診療を受けに行きましょう。

交通事故で高次脳機能障害を患った人の慰謝料請求

めまいで受けられる後遺障害等級

次に、交通事故後、めまいが慢性化した場合、受けられる後遺障害等級について、症状別に解説いたします。

「めまい」そのものの、自賠責の後遺障害等級は存在しませんが、労災認定基準には記載があります。下記にて整理いたします。

症状

等級

生命の維持に必要な身のまわり処理の動作はできても、高度の失調や平衡機能障害のために労務に服することができない。

3級

著しい失調または平衡機能障害のために、労働能力が極めて低下して一般平均人の4分の1程度となっている。

5級

中等度の失調または平衡機能障害のために、労働能力が一般平均人の2分の1以下程度に低下している。

7級

通常の労務に服することはできるが、めまいの自覚症状が強く、かつ平衡機能検査で明らかな異常所見があって就労可能な職種が相当程度に制限される。

9級

通常の労務に服することはできるが、めまいの自覚症状があって、かつ平衡機能検査で異常所見が認められる。

12級

平衡機能検査で異常所見は認められないが、めまいの自覚症状があり、その症状を医学的に合理的に推測できる。

14級

なお、自賠責の等級認定では「神経障害」として認定されるケースが大多数となります。

めまいで後遺障害認定を受ける

交通事故後、治療が一通り完了しても、めまいが治らない場合は、症状固定となり、「後遺障害等級認定」を受けることになります。

この認定を受けなければ、その後の損害賠償が大きく減額されることになるので、きわめて重要な手続きとなります。

下記では、この手続きについて解説いたします。

後遺障害診断書の作成

交通事故後、後遺障害等級認定を受けるために「後遺障害診断書」を医師に作成してもらう必要があります。

後遺障害診断書は、後遺障害の症状について、治療の経過や容態などについて詳しく説明するための書類となります。

作成のタイミングは症状固定の時となります。この判断は医師と患者が相談して決めることになるので、普段から医師とのコミュニケーションが重要となります。症状固定となったら、医師に後遺障害診断書の作成を依頼しましょう。

後遺障害認定請求をする

後遺障害診断書が作成できたら、自賠責へ後遺障害等級認定請求を行います。申請のやり方には、2種類あります。

① 事前認定

② 被害者請求

「事前認定」は、保険会社に手続きしてもらう方法で、「被害者請求」は煩雑な手続きの一切を、被害者本人で行なう方法です。

通常は「事前承認」で行なう場合が多いのですが、このやり方にはひとつ問題点があります。

審査のために提出する書類を、被害者本人がチェックできないのです。

つまり、被害者の後遺症がどれだけ重いかを立証する義務がない、保険会社に一切を任せてしまう訳です。

このため、被害者の後遺障害等級として評価するための資料が不足して、実際の症状よりも低い等級評価になる可能性があるのです。

もし今回の「めまい」に関する「むちうち」や「高次脳機能障害」のような、

第三者からだと症状が分かりにくい微妙なケースの後遺症の申請をする際には、被害者請求を検討してみてください。

表:「事前認定」と「被害者請求」の違い

 

メリット

デメリット

事前認定

.手続きが簡単になる

.資料不足のリスク

被害者請求

.手続きの透明性が高い

.提出書類を自らチェック、吟味できる

.手続きが煩雑で手間

後遺障害認定を得るためのポイント

めまいの場合、他覚的所見が分かりにくく、患者の主観的な訴えが主となることが少なくありません。

このような微妙なケースでは、後遺障害等級を認定を受けることが、難しいと考えるべきです。

めまいの後遺障害等級の判定では、

①各検査により、症状を他覚的に証明すること

②医師に症状の経過、容態を詳しく記録化してもらうこと

③早期発見、治療が原則(事故から時間が経過していると証明が難しくなる)

めまいは第三者からは分かりにくい症状です。

原因が何であるのか、ある程度具体的に特定できること。言い換えれば、これらの原因を各種検査により、他覚的所見として裏付けることが、決定的に重要となります。

めまいに有用な検査

これらの各検査は、神経内科や神経耳鼻科などで行われます。むちうちで整形外科のみに通院している人は、医師と相談して、より精密な検査を受けられる、専門医を紹介してもらいましょう。

特に頭部外傷がある場合は、

①頭部CT・MRI

②脳波検査

③PET・SPECT

④誘発電位

...などの検査を行うことが、有用な場合があります。

めまいの慰謝料請求は?

めまいにより、適切な後遺障害等級を受けられた人は、下記の慰謝料(損害賠償項目)を請求することができます。

めまいの後遺障害慰謝料

まずは、後遺障害慰謝料の相場をまとめました。

ただし、示談の交渉内容次第では、大きく変動することもあるので、あくまで参考程度に留めてください。

表:めまいの後遺障害慰謝料の相場

等級

自賠責基準

弁護士会(裁判)基準

3

829万円(973万円)

1990万円

5

599万円

1400万円

7

409万円

1000万円

9

245万円

690万円

12

93万円

290万円

14

32万円

110万円

この慰謝料を請求するには、(当然ですが)後遺障害等級を認定されることが条件となります。

被害者本人には、自覚症状があるのに、脳波検査や画像では異常が認められず、「他覚的所見なし」とされた場合など、そうすればよいのでしょうか?

その場合は自賠責では後遺症として認定されないので、民事訴訟(裁判)をする必要が出てきます。

ただし、民事訴訟を起こすとなると、過去の判例を調べ、勝訴となる見込みがあるのか、前もってしっかりと調査する必要があります。

そのほかの慰謝料・損害賠償項目

そのほか、めまいの損害賠償項目として考えられるのは、

①入通院慰謝料

②休業損害

③入院雑費

④通院交通費

⑤逸失利益

...等が挙げられます。

しかし、めまいの損害賠償のケースは様々で、一概に「この症状の場合はこの金額だ」とはいえません。

適切な損害賠償の項目や、金額の算出基準、是非について、詳しく知りたい人は、別途弁護士に相談することをご検討ください。

めまいになった場合の裁判例

交通事故後、めまいとなって、後遺障害等級の認定を適切に受けられるか否かは、ケースバイケースとなっています。

実際の裁判例で、程度認められているかを把握して、予め対策がとれるようにしておくことが大切です。

例①:頭痛、めまいで149号を認定した事例

東京地判 平成261118日 交民4761415

 

結論

149号に相当する後遺障害と認め、労働能力喪失率5%、5年間の逸失利益を認定した。

要点

被害者は、頚椎捻挫(むちうち)により頭痛、めまいを訴えたが、自賠責は非該当と判断。被害者は、事故前と比べて体調が悪化したことを主張。

被害者の属性

男性、症状固定時48歳 会社員

交通事故内容

追突事故によりむちうちとなる。

事例②:高次脳機能、めまいで52号を認定した事例

東京地判 平成241218日 交民4561495項・自保189348

 

結論

被害者は事故後、日常的な健忘症が認められ、検査の結果、軽度の脳室の拡大(画像所見)、脳萎縮が見られた。典型的な症例で見られるほどの明確な客観的所見ではないものの、高次脳機能障害が残存したと認められ、52号の後遺障害等級が認められた。

要点

462日間、入通院したが、めまい、ふらつきで自賠責1213号と認定されたが、高次脳機能障害を否定された。

被害者の属性

男性、症状固定時28歳、大工

交通事故内容

被害者がバイクで走行中、右折レーンから車線変更中の乗用車と衝突して、頭部外傷。

まとめ

研究

交通事故によりめまいの症状が出た場合は、高次脳機能障害や、バレ・リュー症候群などで、後遺障害等級を認定される可能性があります。

医師による専門的な診断により、証明することが必要条件となりますので、「気のせい」で片付けず、早期発見、治療を心がけましょう。

特に、脳外傷に関係しているめまいは、高い後遺障害等級が認定されます。その場合は、交通事故に詳しい弁護士に相談することを強くお勧めいたします。

  • 交通事故でめまいになった場合は、高次脳機能障害か、バレ・リュー症候群が疑われる
  • 交通事故でめまいになった場合、受けられる後遺障害等級認定は3級から14
  • めまいは、画像所見などで証明することが難しいケースが少なくない
  • めまいの後遺障害認定の場合は、被害者請求を検討するべき

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-330-108

交通事故の示談金・賠償金のご相談、後遺障害による等級認定のご相談など、交通事故の被害に合われてしまった方は、お電話またはメールよりお気軽にお問合せ下さい。

交通事故によるご相談は無料。メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは弁護士法人リーセット(神戸)までご状況をお知らせください。

受付時間:平日9:00~20:00
定休日:土曜・日曜・祝日

ご予約いただければ、上記日時外(定休日)も対応可能です。

JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分 ⇒ アクセスマップはこちら

無料相談はこちらから

交通事故

交通事故の示談金や後遺障害による賠償金のご相談はこちら

0120-330-108

交通事故被害のトピック

弁護士事務所概要

事務所

弁護士法人リーセット神戸

お電話でのお問い合わせ
0120-330-108
メールでのお問い合わせ
住所

〒650-00027
兵庫県神戸市中央区中町通2-2-18 平戸ビル3階

JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分