交通事故による保険会社との賠償金や後遺障害の交渉は相談無料の弁護士法人リーセットへ!

弁護士法人リーセット(神戸・兵庫)
<交通事故被害者専門サイト>

〒650-0027
兵庫県神戸市中央区中町通2-2-18 平戸ビル3階
JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分
三宮から電車で5分

受付時間
平日9:00~20:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ夜間・定休日の対応可能です。

●取扱い業務:交通事故の示談交渉・慰謝料請求

お電話での無料相談はこちら
0120-330-108

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

交通事故で脊髄損傷を負った人は後遺障害等級の認定獲得が慰謝料請求に大きく影響

田中弁護士

「脊髄損傷になって、将来が不安だ...」

交通事故による脊髄損傷は、症状によっては全身や身体の一部が麻痺し、後遺症が残るケースも少なくありません。

当事者は本当に辛く、治療のこと、将来の不安のこと、今後の示談交渉のことなど、悩み事がつきない事と思います。

今回は、交通事故で脊髄損傷となってしまった被害者に向けて、脊髄損傷の機序、麻痺の症状、後遺障害等級の認定獲得のポイント、慰謝料請求などについて、詳しく解説していきます。

交通事故による脊髄損傷とは?

まずはじめに、交通事故における「脊髄損傷」の概要について、詳しく解説いたします。

脊髄損傷とは?

交通事故での脊髄損傷は、事故の衝撃により、脊椎の骨折や脱臼が原因となって起こります。

なお、脊椎が脱臼すると、脊髄の損傷は間違いなく起こります。

医学的には「脊髄損傷」というと脊髄が切断された「横断型損傷」が、代表的な症例となります。

脊髄が切断されたら、それ以下の身体は完全麻痺となりますので、非常に深刻な状況といえるでしょう。

なお、完全麻痺なら、その後の後遺障害等級認定の獲得については、スムーズに手続きが進み、認定の可否について苦労することは殆どありません。

しかし厄介なのは、横断型損傷ではなく「不全損傷」という、切断されていない状況のケースです。

この証明は難しく、脊髄損傷に詳しい、専門医による診察が不可欠です。有力な立証をおこなうには、MRI検査、SSEP検査など、より専門的な調査が必要となります。

脊髄損傷の症状は?

脊髄損傷となると、神経伝達機能に障害が起こり、様々な症状がでてきます。

もっとも代表的な症例が「身体の麻痺」です。なお、麻痺には損傷部から下の運動、知覚のすべてが失われる完全麻痺と、その他の不全麻痺があります。不全麻痺の場合は、脊髄損傷の程度、症状も千差万別です。

また、そればかりではなく、心臓の機能不全による血液の循環障害や、呼吸筋が麻痺する呼吸障害、尿の排出する筋肉が麻痺する膀胱直腸障害など、様々な症状があります。

表:脊髄損傷の症状一覧

症状

症状の内容

麻痺

損傷部より下の手足が動かない、知覚を失うなど。

循環障害

心拍数の低下、血圧の低下、除脈など。

呼吸障害

呼吸筋の麻痺による呼吸不全など。

膀胱直腸障害   

失禁、排尿遅延など。

脊髄損傷の麻痺の詳しい症状

脊髄の損傷による麻痺の種類については、特に重要なので、より詳しく解説いたします。

麻痺の種類は、大きく分けて4つあります。

区別

説明

四肢麻痺

両方の上肢と下肢の麻痺

片麻痺

片方の上肢と下肢の麻痺

単麻痺

上肢または下肢の一肢の麻痺

対麻痺

両方の上肢または両方の下肢の麻痺

なお、後遺障害等級の認定を受ける上では、

  • 麻痺の範囲
  • 麻痺の程度

...が、とくに重要視されます。さらに、この「麻痺の程度」に関しては、厚生労働省の通達により、詳しく基準が定められています。

この通達によれば、麻痺の程度は、「高度」「中等度」「軽度」に分かれています。以下の表がその内容となります。

表:厚生労働省の通達による麻痺の症状の基準

程度

症状

具体的なケース

高度の麻痺

損傷部位、および広範囲にわたり運動性・支持性がほとんど失われ、その部位の基本動作ができない。

障害のある上肢または下肢の運動性・支持性がほとんど失われている状態。

中程度の麻痺

損傷部位の運動性・支持性が相当程度失われ、基本動作に制限がある場合

500gの物を持ち上げられない、字が書けない。

杖や歩行具なしでは歩行困難。

軽度の麻痺

損傷部位の運動性・持続性が多少失われ、基本動作に制限がある場合

 

文字を書くことが困難。

両足に障害が残ったため、歩行速度が遅く、杖や歩行具なしでは階段が上れない。

脊髄損傷の後遺障害等級を認定される為のポイント

ここでは、脊髄損傷の慰謝料請求において、もっとも争点となる「後遺障害等級」について、認定されるためのポイントを解説いたします。

まずは、脊髄損傷の後遺障害等級認定基準を下記表に整理しましたので、見てみましょう。

表:脊髄損傷の後遺障害等級認定基準

11

生命維持に必要な身の回りの処理について、常に他者の介護を要する。

(具体例)

  • 高度の四肢麻痺が認められるもの。
  • 中等度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの。
  • 高度の片麻痺であって、食事・浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの。

21

生命維持に必要な身の回りの処理について、随時介護を要するもの。

(具体例)

  • 高度の片麻痺が認められるもの。
  • 中等度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要するもの。

33

生命維持に必要な身のまわり処理の動作は可能であるが、終身にわたりおよそ労働に服することはできないもの。

(具体例)

  • 中等度の四肢麻痺が認められるものが該当する。

52

麻痺その他著しい脊髄症状のため、独力では常人の4分の1程度の労働能力しか残されていないもの。

(具体例)

  • 軽度の四肢麻痺が認められるもの。
  • 中等度の片麻痺が認められるもの。
  • 高度の単麻痺が認められるもの

74

明らかな脊髄症状のため、独力では常人の2分の1程度の労働能力しか残されていないもの。

(具体例)

  • 軽度の片麻痺が認められるもの。
  • 中等度の単麻痺が認められるもの。

910

一般的労働能力はあるが、明らかな脊髄症状のため、就労の可能性が相当程度制限されるもの。

(具体例)

  • 軽度の単麻痺が認められるものが該当する。

1212

労働には通常差し支えないが、医学的に証明しうる脊髄症状を残すもの。

(具体例)

  • 運動性、支持性、巧緻性及び速度についての障害がほとんど認められない程度の軽微な麻痺を残すもの、また運動障害は認められないものの、広範囲にわたる感覚障害が認められるものも該当する。

脊髄損傷の後遺障害等級を獲得するための注意点

上記の表で分かるとおり、交通事故での脊髄損傷の、後遺障害等級認定の審査では、介護の要否や四肢の麻痺程度が、考慮されます。

そして、麻痺の重症度が高いと、後遺障害の等級もより高くなります。

ただし、等級認定を獲得する為には、脊髄損傷がどの範囲に、どの程度生じているかを、客観的事実に基づいて立証することが必要です。

なお下記が、等級認定で、とくに重視されているポイントです。

  1. 麻痺の範囲(四肢麻痺,片麻痺,単麻痺,対麻痺)
  2. 麻痺の程度(高度,中等度,軽度)
  3. CTMRIなどの画像所見による証拠
  4. 各神経症状テストの検査結果
  5. 適切な内容の後遺障害診断書

ちなみに、脊髄損傷の「不全損傷」のようなケースでは、加害者側の保険会社はむち打ちの症状と理解して、早期打ち切りの行動などを起こします。

しかし、脊髄損傷の「不全損傷」はれっきとした脊髄本体の損傷ですので、むち打ちでは決して説明できません。

上記でも述べたとおり、MRI検査や、各種神経症状テストの検査などの資料をまとめ、適切に臨床症状を説明できるようにしておきましょう。

後遺障害等級の認定申請の前に、しっかり準備をしておくことが大切です。

またその為にも、精度の高い検査ができる病院を選び、脊髄損傷に詳しい専門医に診断をお願いするべきです。

等級認定を獲得するために必要な検査は?

この項では、脊髄損傷の後遺障害等級の認定に必要な、検査内容を解説いたします。

早い時期にMRI検査を実施する

脊髄損傷で後遺障害の等級認定を受ける際、特に重視されるのが画像所見です。

完全損傷ではない脊髄損傷、すなわち、中心性脊髄損傷や、非骨傷性頚髄損傷などの不完全損傷の場合、麻痺の原因となっている損傷部位が、微妙で判りづらいものです。

そこで、人体の軟部組織でも高精度で撮影できる、MRIによる画像撮影が必要となっていきます。出来る限り早い時期に、MRIによる撮影と画像所見を取ることが、のちの等級認定にも有利するためにも重要です。

また画像の解像度にも注意してください。目安としてT(ステラ)が表示されていますが、理想は1.5Tを選択したいものです。

神経症状テストの実施

脊髄損傷の後遺障害等級の認定のための、もう一つ重要な検査が「神経症状テスト」です。こちらは、神経学的な所見から、後遺障害を立証するために必要になっていきます。

下記にその検査内容をまとめました。

テスト名

説明

反射テスト

膝や肘などの腱を医療用ハンマーで叩いて、腱反射が正常かどうか調査する。これをやる理由は、脊髄が損傷すると、本来の反射抑制作用が阻害されてしまうためである。

徒手筋力テスト

筋力の低下具合を調べるテスト。脊髄損傷により神経麻痺の症状がすすむと、その神経が制御している筋肉も使用できなくなり、筋力が衰えるために、脊髄損傷の後遺障害を認定するうえで有効的な検査となっている。

筋萎縮検査

左右の四肢の周囲径を計測するテスト。脊髄損傷による麻痺の影響で筋肉が衰え、萎縮するため。

知覚検査

触覚,痛覚,温度覚,振動覚,位置覚に異常がないかをテスト。

手指巧緻運動検査

手指の細かい作業や動作に、障害が生じていないかテストをする。

交通事故による脊髄損傷の慰謝料請求

それでは、交通事故で脊髄損傷になった被害者が請求できる慰謝料について、見ていきましょう。

脊髄損傷の後遺障害慰謝料の相場

脊髄損傷の後遺障害慰謝料については、一体どのくらいの相場なのでしょうか?

過去の判例などを見ると、一般の後遺障害慰謝料よりは、高額になる傾向があるようです。後遺障害等級にもよりますが、数千万円の慰謝料が認められるケースもあります。

表:脊髄損傷の後遺障害慰謝料の相場

等級

自賠責基準

任意保険基準(目安)

弁護士会基準

要介護1

1600万円(1800万円)

 

 

要介護2

1163万円(1333万円)

 

 

1

1100万円(1300万円)

1600万円

2800万円

2

958万円(1128万円)

1300万円

2370万円

3

829万円(973万円)

1100万円

1990万円

5

599万円

750万円

1400万円

9

245万円

300万円

690万円

12

93万円

100万円

290万円

上記を見ればお分かりの通り、脊髄損傷の後遺障害等級が認められれば2000万円以上の慰謝料を請求することができます。

適切な慰謝料、損害賠償を受け取るためにも、一度交通事故に強い弁護士と相談することが、その後の展開を有利に進めるためにも、重要となります。

そのほかの脊髄損傷の損害賠償項目

脊髄損傷で、請求できるのは後遺障害慰謝料だけではありません。

それとは別に、治療費、休業損害や入通院慰謝料などの、損害賠償を受け取ることが出来ます。

下記にまとめました。

  1. 入通院慰謝料
  2. 休業損害
  3. 入院雑費
  4. 通院交通費
  5. 将来雑費
  6. 逸失利益
  7. 将来介護費
  8. 装具・器具購入費
  9. 家屋・自動車等改造費

...等が挙げられます。

これらの範囲で、何が請求できるのか、できないのかを判断するのは、脊髄損傷の症状にもよりますので、一概にはいえません。

適切な損害賠償の項目や、金額の算出基準、是非について、詳しく知りたい人は、弁護士に相談することをご検討ください。

まとめ

研究

交通事故による脊髄損傷の場合は、麻痺、後遺障害の状態が、ある程度ははっきりしているので、専門医による診察、画像診断、定期的な治療、リハビリなどをきちんと行えば、後遺障害の等級認定もスムーズに獲得できます。

なお、完全麻痺などの重症の脊髄損傷のケース(後遺障害等級1級など)では、将来介護費について、示談交渉で争点となることがあります。また労働能力喪失率についても、加害者側の保険会社は、なるべく加害者側の支出を抑えるために、割合を下げようと、頑張ってくることでしょう。

被害者側は、保険会社の言いなりにはならず、事実関係や、具体的事情をしっかりと主張して、交渉していく気構えが大切です。

特に脊髄損傷が重症の場合は、損害賠償の金額が大きく、それだけに大変な案件となりがちです。

ご本人やご家族のためにも、まずは弁護士に相談して、適切な対処や準備を行うことを、お勧めいたします。

  • 交通事故で脊髄損傷となった場合、後遺障害慰謝料を請求できる。
  • 後遺障害慰謝料を受け取るには「後遺障害等級認定」が必要。
  • 交通事故で重症の脊髄損傷となった場合の損害賠償の金額は大きい。
  • 交通事故で重症の脊髄損傷となった場合、弁護士に依頼すべき

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-330-108

交通事故の示談金・賠償金のご相談、後遺障害による等級認定のご相談など、交通事故の被害に合われてしまった方は、お電話またはメールよりお気軽にお問合せ下さい。

交通事故によるご相談は無料。メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは弁護士法人リーセット(神戸)までご状況をお知らせください。

受付時間:平日9:00~20:00
定休日:土曜・日曜・祝日

ご予約いただければ、上記日時外(定休日)も対応可能です。

JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分 ⇒ アクセスマップはこちら

無料相談はこちらから

交通事故

交通事故の示談金や後遺障害による賠償金のご相談はこちら

0120-330-108

交通事故被害のトピック

弁護士事務所概要

事務所

弁護士法人リーセット神戸

お電話でのお問い合わせ
0120-330-108
メールでのお問い合わせ
住所

〒650-00027
兵庫県神戸市中央区中町通2-2-18 平戸ビル3階

JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分