交通事故による保険会社との賠償金や後遺障害の交渉は相談無料の弁護士法人リーセットへ!

弁護士法人リーセット(神戸・兵庫)
<交通事故被害者専門サイト>

〒650-0027
兵庫県神戸市中央区中町通2-2-18 平戸ビル3階
JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分
三宮から電車で5分

受付時間
平日9:00~20:00
定休日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ夜間・定休日の対応可能です。

●取扱い業務:交通事故の示談交渉・慰謝料請求

お電話での無料相談はこちら
0120-330-108

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

交通事故における供述調書の役割とは?

田中弁護士

「供述調書ってどうやって作成されるのだろう?」

交通事故における「供述調書」とは、警察が交通事故の状況や加害者、被害者の証言を記録する為に作成される書類です。一般的には、事故状況を当事者たちの立会いのもとに調査する「実況見分調書」と併せて作成されます。

供述調書は、警察や検察の聞き込みにより、交通事故当事者や目撃者の供述内容を記録した書類です。対して「実況見分調書」は、現場検証しながら事故内容を記録した書類です。

どちらも損害賠償の請求や民事訴訟の際、重要な証拠となるものですが、今回は、供述調書の詳しい内容や、実況見分調書と併せて作成される流れ、作成の際に注意したいポイントなどについて解説いたします。

交通事故における供述調書とは?

まずは供述調書について、下記にて詳しく解説いたします。交通事故直後の対応にかかわる重要な概念ですので、特に被害者はしっかりとおさえておきましょう。

供述調書とは?

供述調書とは、交通事故の事実関係を整理し、警察が証明した書類です。主に、交通事故を起こした加害者や被害者、目撃者による供述の内容が記録されます。

供述調書の作成の際、加害者や被害者は、事故当時のことを警察官に説明し、聞き手の警察官はその内容を書類にまとめて、供述者に開示します。

内容に不備が無ければ、供述者が署名押印します。これで、供述者は供述調書の内容を認めたことになります。

供述調書は、警察官が供述を聞き込んだ相手の数だけ作成されるので、加害者と被害者2名と、もし目撃者がいればその分が作成されます

過失割合を決める際の重要な証拠となる

供述調書ですが、のちの損害賠償の算出に大きな影響を及ぼします。

示談で交通事故の過失割合を決める際、実況見分調書の内容が参考にされますが、交通事故の状況について、事故当事者の言い分が食い違うことは珍しくありません。

したがって当時の当事者双方の供述を記録した供述調書が、きわめて重要な役割を担っているわけです。

なお、お互いに自分の過失についての証拠がないと言い張る場合は、話し合いでは解決が難しいので、最終的には裁判となります。その時にも、決定的な証拠がない場合は、供述調書が状況を証明する資料として、重視されることになります。

安易な著名押印は避けること

交通事故を起こした加害者が、自らの過失について進んで供述することは、ほとんどありえません。ですので、加害者に有利な供述調書や実況見分調書が作成されることだけは、絶対に避けねばなりません。

作成された供述調書は隈なくチェックして、もし被害者側に不利になるような内容だった場合は、決して同意せずに、安易に著名押印することを避けることが大切です。

ここで被害者が受身になって、間違っている内容の供述調書が作成された場合、後に決定的に重要な証拠として扱われることになるのです。ですので、供述調書の作成時には、納得のいく内容になるまで、粘り強く警察官とやり取りをしてください。

供述調書の具体的な内容

供述調書の書式には決まったものはありませんが、具体的な内容を下記に整理いたします。(加害者の例で記載)

  1. 自動車を運転中に、信号のない交差点を直進する際に、同一対向車線の右折車と衝突して、相手に怪我をさせました。
  2. 事故直後、国道○○線を~方面から~方面へ時速50kmで走行しておりました。
  3. 普通乗用車【ナンバー:◯◯◯◯】を運転していました。
  4. 車はレクサスの右ハンドル
  5. 故障なし
  6. 同乗者あり
  7. 運転者の氏名は私「◯◯◯◯」です

供述調書の法的な効果

供述調書は、交通事故直後のみならず、事故に至る前の当事者の行動も仔細に記載されることになります。

警察および検察は、交通事故現場の道路の幅員、一時停止などの規制の位置や有無、双方からの見通しなどを正確に把握した上で、事故状況を記述していきます。

加えて、事故車両の写真、当事者たちの負傷の状況など、多くの証拠を収集して、これらの証拠をおさえた上で、当事者双方の供述を聞き、供述調書を作成します。

この供述調書ですが、もし民事訴訟となった場合は、具体的にはどのような役割を果たすのでしょうか?下記に整理します。

交通事故直後の供述として扱われる

先ず何よりも、「事故直後の記憶にもとづいた供述」であるという点が、何よりも重要です。

とくに警察により事故直後に作成されている訳ですので、後日の当事者双方の供述よりも、より信憑性が高いとみなされます。

当事者の証言の信憑性が分かる

供述調書は、警察と検察とが時期をかえて作成されるため、供述が変遷していくケースが、しばしば見受けられます。

加害者、被害者双方の供述が、徐々に自分に有利になるように内容が変わっていくことがあると、供述の信憑性の度合いについて判断する材料となるわけですね。

逆に、供述が事故直後からブレずに一貫しているのであれば、信憑性が高いと判断されやすくなります。

実況見分調書とは?

供述調書とセットで作成される実況見分調書とは、一体どのような書類なのでしょうか?下記にて詳しく解説いたします。

実況見分調書との違い

供述調書とあわせて、警察が交通事故の状況を調べて、作成する資料に「実況見分調書」があります。

実況見分調書は、交通事故の現場に、当事者双方と、目撃者を立ち合わせ、事故当時の模様を聞き込み、それをもとに交通事故の状況を図面におこしたものです。

たとえば、「ここで相手が突っ込んできました」、「そのとき信号は赤でした」「衝突したポイントはここです」、などと、事細かに警察に説明します。警察官は現場の図面をおこして、立ち会っている人たちの証言を元に、衝突したポイントなどを記載していきます。

供述調書と実況見分調書との違いは、実況見分調書は刑事手続きが履践されている限り、開示されるのに対し、供述調書は概ね入手困難という点が挙げられます。

なお、交通事故の内容次第では、加害者側の実況見分調書だけという場合もあります。供述調書とは違い、立会人の署名押印は不要です。

もし実況見分調書は民事訴訟などでも重大な証拠となるので、正確な供述を心がけましょう。

実況見分が終わったら行うべきこと

交通事故後、警察に通報して、供述調書と実況見分調書を作成し終えたら、必ず被害者は病院に行きましょう。なるべく直ぐに受診することがポイントです。

事故直後には自覚症状がなくとも、後から痛みなどが発生することが、よくあります。すぐに病院にいかなかったことで、重大な症状を見逃してしまう恐れもあります。

たとえば、むちうちや脳外傷などは、後から自覚症状が出る場合があります。

このようなケースで、交通事故直後に病院にいかなかったことで、病状の程度が悪化することがあります。また受診するまでに数日間を要していたばかりに、後に相手の保険会社から、怪我と交通事故とに因果関係がない、と主張されて、揉めることもあります。

このように、病院にいかないことは、被害者にとってはデメリットばかりなので、実況見分が終わり次第、すぐに病院に行って受診してください。

実況見分に立ち会えないケースでは?

交通事故が発生した時に、被害者の負傷の程度によっては、すぐに救急車で病院へ搬送されて、実況見分に立ち会えないということも十分に考えられますよね。

このような場合、被害者は自分が不在のときに、加害者だけの供述により、実況見分調書が作成されてしまうと、後に示談などで大変不利になる恐れがあります。

とくに、死亡事故の過失割合の決定の際などに、このことが顕著な問題となります。

このように実況見分調書は損害賠償請求の手続きの際に、きわめて重要となります。作成が行われる際、被害者やその遺族も細心の注意を払うべきです。

供述調書の作成で注意すべき点

供述調書が作成される際は、被害者は警察からあれこれと事故について質問され、供述することになります。

後に重要な証拠となることを意識しておきたいところですね。ここでは、自分の供述調書が作成される際に、注意しておきたいポイントを整理いたします。

正直に供述する

基本は、自分の記憶にしたがって、素直に供述することです。虚偽をすると、ほかの供述や状況証拠などと整合性がとれなくなり、十中八九嘘とバレます。

ひとつでも嘘をつくと、例えほかのことが本当だとしても、「この人の証言に信憑性がない」と判断されます。

また警察官や検察官の言っていることを注意深く聞いて、第三者でも分かりやすい説明をしましょう。それにより、供述調書の内容も明解になり、証拠としての価値が高まります。

こちらに不利な供述は行わないこと

交通事故は、加害者だけに責任がある訳ではなく、被害者にも過失があり、また道路の状態や欠陥などの要素が絡んで起きてしまうものです。

警察官への報告は、上記でも述べた通りですが、虚偽を言ってはいけません。ただし、もし自分の過失があった場合でも、自分のせいで事故が起きたこと等を供述する必要はありません。

それは本人の思い込みの可能性もあり、客観的に事故状況を観察すると、相手の過失が大きかった、ということも十分にありえるからです。

また、加害者の主張と食い違う部分は、相手へ訂正を求める姿勢と心構えを持ちましょう。受身にならずに、こちらの主張を貫くことが大切なのです。

警察官の誘導に乗らない

警察官が、加害者や目撃者の供述を踏まえた上で、「実はこうだったんじゃないか?」というように、誘導するような質問をするケースがあります。

ここで、警察官が言うのだから、と受身になってはいけません。もし口を滑らせて、つい虚をついたり、自分に不利になるようなことを言ったりすると、後で取り消すことができなくなります。

もし供述を撤回しようとすると、供述の信憑性に疑義を持たれかねません。

あくまでも自分の記憶と供述とに、ブレないように努力することが大切です。

著名押印前に確認する

供述調書は、警察官や検察官が供述者の話を聞いて、その内容を書面にまとめているものです。しかし、他人同士のコミュニケーションなので、伝えたかったニュアンスがズレていたり、誤解されていることも、十分にありうることです。

なので、一度作成し終えた供述調書を、チェックして、間違っていたり、気になるところは訂正してもらう必要があります。再三申しますが、一度著名押印してしまうと、その後に内容の訂正は非常に難しいのでご注意ください。

自分の供述と、書面の内容に齟齬がないことを確認しない限り、著名押印はしてはいけません。

まとめ

研究

今回は、交通事故後に、事故当事者と警察によって作成される供述調書と、実況見分調書について解説いたしました。

供述調書は、警察が交通事故の事故当事者や目撃者の供述をまとめた書類、実況見分調書は交通事故の状況について現場検証し、当時の状況について明らかにする為の書類です。

この2つの書類は、主に加害者の刑事手続きに使用されますが、

そればかりではなく、民事の手続きにおいても、損害賠償の過失割合の決定などの際に、参照元となるので、きわめて重要な役割をもっています。

被害者は受身で対応せずに、供述調書や実況見分調書の作成の際には、積極的に自分の意見を主張していく必要があります。納得のいく内容ではなかったら、毅然とした態度で訂正を求めるべきです。安易に署名押印してはいけません。

また実況見分が終わり次第、すみやかに病院に行き、治療を受けてください。

この、交通事故直後の対応を間違えると、後々損害賠償などで不利になるので、くれぐれも慎重に行動しましょう。

  • 交通事故後、警察により供述調書と実況見分調書が併せて作成される
  • 交通事故での供述調書には、重要な証拠として法的にも重要視される
  • 交通事故で被害者が重症や死亡した場合は、加害者だけで作成されることがあり注意が必要
  • 実況見分が終わり次第、すぐに病院へ行き受診するべき

まずはお気軽に無料相談をご利用ください!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-330-108

交通事故の示談金・賠償金のご相談、後遺障害による等級認定のご相談など、交通事故の被害に合われてしまった方は、お電話またはメールよりお気軽にお問合せ下さい。

交通事故によるご相談は無料。メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずは弁護士法人リーセット(神戸)までご状況をお知らせください。

受付時間:平日9:00~20:00
定休日:土曜・日曜・祝日

ご予約いただければ、上記日時外(定休日)も対応可能です。

JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分 ⇒ アクセスマップはこちら

無料相談はこちらから

交通事故

交通事故の示談金や後遺障害による賠償金のご相談はこちら

0120-330-108

交通事故被害のトピック

弁護士事務所概要

事務所

弁護士法人リーセット神戸

お電話でのお問い合わせ
0120-330-108
メールでのお問い合わせ
住所

〒650-00027
兵庫県神戸市中央区中町通2-2-18 平戸ビル3階

JR神戸駅・阪神阪急高速神戸駅から徒歩約3分